トップ > 館内紹介 > 空間詳細


レストラン「グリル五味」は牡蠣をはじめとした厚岸の魚貝の郷土料理をはじめ、スパゲティ、ハンバーグ、フィレステーキ、オムライス、ピザ・・等々 昔ならではの洋食もお楽しみいただけます。
2016年秋から稼働開始する「厚岸蒸留所」のウイスキー(2019年出荷予定)、アイラ島産を中心としたモルト、約150種のワインなどの洋酒が豊富です。

ワイン
ブルゴーニュ、ボルドー、ローヌ、ロワール、アルザス、ジュラ・・
好みの生産者でとり揃えています。 ヴィンテージは二の次です・・・誰が造っているのか?これが重要と考えております。 生産者第一主義。
シャブリ・・ヴァンサン・ドーヴィサ   モンラッシェ・・ソゼ   アルザス・・シュレール   といった具合です。
ちょっとビックリなコレクトだとおもいますよ・・・驚かすの楽しいですから。
ウイスキー
スコッチ、バーボン、ジャパニーズウイスキー

2016年秋稼働の“厚岸蒸留所”に先駆け、シングルモルトスコッチウイスキー、ジャパニーズモルトウイスキーを数多く用意いたしました。
特にアイラ島産のモルトは全蒸留所とり揃えております。
日本酒・焼酎、他の洋酒
北の勝(根室) なでしこ(壱岐・麦) 晴耕雨読(芋)
コニャック、アルマニャック、カルヴァドス、マール、グラッパ、ジン、テキーラ・・・
生ビールはサッポロ・クラシック・・北海道ですから。
グランシャンパーニュのコニャック(ジャン・フィユ)、フォルブランシュ種100%のバ・アルマニャック(デュ・ミケ)、モンキー72ジン。



こだわりのコーヒーはトラジャ

人の手によるドリップ。 豆はトアルコトラジャ。 酸味が特徴な昔ならではの「美味い」コーヒーは人の手によるドリップならでは。



厚岸は稀少動物の宝庫

とある地域では餌をまいておびき寄せるのが普通だそうです。
厚岸は通過で万単位、越冬で数千のハクチョウをはじめ住み着いているオジロワシ、渡り組のオオワシが街中でも難なく見ることができる世界的にも貴重な土地です。
写真素人のわたしでもこんな写真が撮れます。(オジロワシ)



宴会場



ロビー